KOZOU gallery

静岡のモノづくりの町、田町の一角にある指物職人の工房二階をギャラリーに改修しました。
以前から家具工房であったこの建物は築年数が長いため劣化しているものの既存の空間性が魅力的だった為、肯定し背景として
捉え、そこに新たにギャラリーとしての機能を重ねることにしました。
白い壁をつくったり、既存を塗りつぶしてギャラリーとしての背景をつくることはポイントでは効果がありますが、少し影響が強すぎることと
既存の状態を否定しかねないので今回は避け、既存を活かしながら「透ける」というキーワードで少しづづ改修していきました。
まず展示什器ですが既存の背景と切り離すために島状のもので考え始め、床を積層するようにパレット状の板を重ねることで、様々な商品展示に対応しながら
ワークショップなどの作業時には床として使用します。
木と鉄でできたこの什器はパレットの特徴でもある一方の方向には抜けている為、向こう側の景色や光が透過し独自の軽さと繊細さがあります。

床は既存の痕跡を塗りつぶさずに新しさを出すためにクリアの全艶で塗装し風景や光を映り込ませます。
また空気を閉じ込め室内化させる意図で出入口にガラスのパーテーションを設置し、向こう側が透けるカーテンは大きな空間を緩やかに仕切り、
微妙になびくことで空気の動きに気付かせてくれます。

田町という職人の町の工房の二階に取り残されていた空気感を逃がさないように
一手一手確認しながら丁寧に改修をしました。

_建築概要

  • 所在地: 静岡県静岡市葵区田町
  • 主要用途: 工房/ギャラリー
  • 構造規模: 鉄骨2階
  • 敷地面積: -
  • 延床面積: -
  • 竣工: 2019年1月
  • 施工: KOZOU HAKO STYLE
  • 写真: RACHISHINYA